SharePoint (シェアポイント) とは?

SharePoint概要 : 2009.10.15 Thursday

Knowledge is power. (By. francis bacon)

「知識は力なり」とフランスの哲学者フランシス・ベーコンが述べた言葉は、現代でも有用な格言です。

知識を個々人がため込んでいては、企業/組織/集団/社会としての 力は伸びません。

知識を企業/組織/集団/社会で共有することで、全体のレベルが上がると共に、知識を提供した人にも更なる知識が集まり、洗練されていきます。

SharePoint(シェアポイント)とは?

sharepoint

SharePointは、Microsoftが提供する情報共有の製品、テクノロジーです。シェアポなどと略して呼ばれる場合もあります。

現在は、「Microsoft SharePoint Server 2016」が最新バージョンです。1つ前のバージョンは、Microsoft SharePoint 2013です。

Office 365/SharePoint Onlineについては、こちらのSharePoint Online記事を参照してください。

3つ前のバージョンでは名前に「Office」がついていて MOSS(モス、Microsoft Office SharePoint Server)と呼ばれていましたが、Officeがなくなりましたので、「SPS」(SPS2010,SPS2013,SPS2016)と呼ばれるようになったみたいです。
以前のバージョンと比較して、AccessデータベースのコンバートやOfficeリボンインターフェイスなど大幅に機能拡張されています。

SPS2010,2013,SPS2016には、標準的な Standard Editionと、ビジネスソリューション機能付のEnterprise Editionがあります。
SPSのベーステクノロジーは SharePoint Foundation 2010,2013,2016です。SharePoint Foundation 2010,2013は無償です。SPS2010 FoundationはWindows Server 2008 R2、Windows 7などにインストールできます。SPS2013 Foundation はWindows Server 2012にインストールできます。

SharePointのデータは SQL Serverに格納されます。無償のSQL Server Express Editionを使用することもできますが、データ容量に制限があるため注意してください。

SharePointのWebインターフェイスは IIS上で動作します。IISは Windows Server 2008,2012などに標準で インストールされるWebサーバーです。
その他にも、SharePoint 2010をインストールするためには .NET Framework 3.5 SP1以降が、SharePoint 2013をインストールするためには.NET Framework 4.5 以降が必要です。

SharePoint Server 2010とSharePoint Foundation 2010の主な機能の違いを下表に示します。

機能名 SharePoint Foundation
2010
SharePoint Server 2010 Standard Edition SharePoint Server 2010 Enterprise Edition
ソーシャル ネットワーク 機能 (タグとメモ、個人用サイトなど)
コンテンツ 管理機能 (SharePoint Server 発行機能など)
検索機能サイトコレクション内のコンテンツ検索のみSearch Service Application
クロールのスケジューリング、インデックス サーバーの冗長化、検索先の追加などが可能。Web サイト、ファイル サーバー、Exchange Server のパブリック フォルダーなどが検索できる
(左記に加えて)
FAST Search Server 2010 for SharePoint の併用ができ 詳細なコンテンツ検索が可能。
データ分析 可視化機能Excel Services
グラフ Web パーツ
PerformancePoint Services
PowerPivot for SharePoint


SharePointでできること

Microsoft SharePoint Server 2010(以下、SharePoint Server)は Microsoft SharePoint Foundation 2010(以下、SharePoint Foundation)をベースとしています。

旧バージョンの Microsoft Office SharePoint Server 2007(以下、SharePoint Server)は Windows SharePoint Services 3.0」(以下、WSS)を ベースとしています。

SharePoint Foundation(旧、WSS)は、小規模なチームでの情報共有ができます。 ドキュメント共有、Wiki、ブログ、RSSサポート、ディスカッション、連絡先、予定表、タスクなどの基本的な機能があります。

SharePoint Serverは、中大規模なチーム、企業での情報共有ができます。SharePoint Foundation(旧、WSS)の機能に加え、検索やコンテンツ管理などのエンタープライズ機能があります。


SharePointの用語

SharePointには独自の用語があり、SharePointを構築・運用する際には それらの基本的な用語を理解している方が、 スムーズに作業がすすみます。

MicrosoftのWebサイト(MSDNサイト、Officeサイト、SharePointサイト)では SharePointに関する情報が提供されていますが、複数のWebサイトにわかれているために理解が時間がかかります。

また、SharePoint移行サービスなどを提供しているSI企業のWebサイトでは、 SI企業が提供しているサービスに関する部分しか情報がなく、 SharePointの全体を理解するのが難しく感じます。

機能名 説明
コラボレーション(Collaboration) コラボレーション(Collaboration)は、協力, 協同という意味です。
企業内で複数の人員が共同して作業する場合に、
作業効率や生産性を向上させる目的があります。

SharePointのコラボレーション機能では、
ブログやWikiを使った情報共有や、
ガントチャート形式のスケジュール管理などがあります。
ポータル(Portal) ポータル(Portal)は、玄関という意味です。
1990年代後半に 何かインターネットやイントラネットで作業を行う際に 一番最初にそのWebサイト(またはWebページ)にアクセスする という考えがありました。日本国内では Yahoo!などがポータルサイトとして、 いまでも有名です。

SharePointのポータル機能では、これまでのバージョン (SharePoint Portal Server 2003)などと比較して 簡単に「サイト」を作ったり、複数のサイトを「サイトコレクション」 として管理できます。



【最近の投稿記事】



SharePoint Online
Office 365/SharePoint Online事始め
Office 365やるってよ |  Office 365市販本(できる Office 365) |  Office 365市販本(誰でもできる! Office365導入ガイド) |  MSサイトでプランを勉強 |  TechNetでプランを勉強 |  sway, cortana, delve |  E5プラン |  Office Online制限 |  SharePoint 2016 RC |  アーキテクチャ |  Connections, Listings, Invoicing |  ひと目でわかる SharePoint Server 2016 |  Office 365 ビジネス活用28の事例 |  Office 365 サイトカスタマイズ&開発編 |  ひと目でわかる PowerApps | 
SharePoint Online リスト/ライブラリ(クラシック)
標準 リスト/ライブラリ |  アンケート(Survey) |  画像ライブラリ |  ニュースフィード |  日英サイト間でリストデータ移行 |  ライブラリ ドラッグ&ドロップ |  ライブラリ ファイル一覧出力 |  リスト外観変更 |  Explorer URL |  ディスカッション掲示板 |  注目リンク |  OneDrive 通知メール送信 |  OneDrive バージョン履歴 |  アイテムはレコードです |  イベントのエクスポート |  既定ビュー破損 |  バージョン管理の改悪Update | 
SharePoint Online Webパーツ(クラシック)
標準 Webパーツ |  スクリプトエディタ |  RSSビューア |  フィルタWebパーツ |  XsltListViewWebPart |  グラフ表示パーツ |  サイトフィード(ニュースフィード)データ出力 | 
SharePoint Online リスト/ライブラリ/ページ(モダン)
ドキュメントライブラリ(Preview) |  複数ファイルダウンロード |  リスト・ライブラリ切替有無 |  ナビゲーション |  サイトのロゴ |  コマンドバー |  リスト ビュー |  リスト フォーム |  サイト情報 |  ホームページ設定 |  列の書式設定(Column Formatting) |  Seattle から Oslo そして Modernへ |  Webパーツページの管理は使えない |  サイドリンクバーの有効化 |  Webブラウザ幅に応じた表示 |  ページ タイトルと画像 |  ページ コピーとメール送信 |  リストビュー Filter |  ページのコメント |  モダンを強制する方法 |  リンクの取得(制限付きリンク) |  発行用ハイパーリンク列はモダンで動かない |  ビュースタイル |  モダン/クラシック混在設計のコツ |  モダン ナビゲーション設計 |  選択肢の追加不可 |  お知らせ表示の方法 |  SharePointページ |  集計値列の日付表示不正 |  いいね! コメント 表示回数 |  ナビゲーションの要素 |  ビューのカラム間隔 |  フォルダ名の禁則文字 |  連絡先,案件管理,DataSheetView形式カスタム | 
SharePoint Online Webパーツ/テーマ(モダン)
サイトページ作成とWebパーツ一覧 |  リスト、ライブラリ |  埋め込み |  ファイルビューア― |  リンク |  クイックリンク |  画像ギャラリー |  強調表示されたコンテンツ |  ヒーロー(Hero) |  クイック グラフ (Quick chart) |  テキスト(Text) |  画像 (Image) |  外観の変更 テーマ |  イベント(Events) |  クイックリンクの順番入替 |  Webパーツが大幅に減少!? |  外観の変更 | 
SharePoint Online 検索機能
検索の対象 |  検索されたくないファイル |  注目サイト |  検索結果カスタマイズ | 
SharePoint Online Notes移行
Notes情報表示 |  Notesデータ移行 | 
SharePoint Online カスタマイズ
IE11開発者ツール |  Osloとの戦い |  Style動的変更 |  リダイレクトページ |  IEとChrome |  ボタン名の変更 |  フロー Flow |  注目リンク カスタマイズ |  アンケート 列設定 変更 |  アンケート Excelエクスポート項目 変更 |  ダウンロード禁止のアクセス許可レベル | 
SharePiont Online 動作仕様
制限値が気になる |  Webページ破損 |  サイトコレクション削除 |  記憶域とサーバーリソース |  プロファイル画像 |  IsDlg効かず |  プレゼンス表示 |  利用状況レポート |  データ容量管理 |  ごみ箱の日数 |  サイトメールボックス |  標準 サイト |  サイドリンクバー |  外部ユーザー共有 |  おすすめ エラー |  直打ちURL |  外観変更エラー |  サイトコレクション機能 |  ユーザープロファイル |  Access app 廃止 |  アクセス要求の設定 |  ページリンク、クラシック表示を終了 |  外部共有サイト、外部ユーザー |  プロジェクトサイトテンプレート ProjectSummaryWebPartエラー |  外部ユーザー削除 Remove-SPOExternalUser |  お知らせタイルとエクスペリエンスバージョン |  クォータ警告と共有設定を一括取得 |  発行インフラストラクチャー機能 Trouble |  外部ユーザーの定義とライセンス付与の要否 |  SharePoint Online 10 GB/User増量 |  ダウンロード最小化戦略の問題点 |  SharePoint管理センター |  アクセス要求の設定 |  ファイルアップロードの宛先ライブラリ |  サイトテンプレートの運用 |  日時がSeattle時間になる問題 |  共有の設定オプションが増えた |  サイトの訪問者 |  サイト情報のサイト削除リンク | 
Office 365 動作仕様
OneDrive概要 |  OneDrive設定 |  OWAエラー画面 |  新しい Office 365管理センター |  Office 365メッセージ |  OneNote同期/ファイル |  Office 365サイト |  Office 365監査ログ |  Project Web App |  機能更新とエラー画面 |  Outlook Webのメッセージ | 
search this site.
SharePoint概要
SharePointとは?
アーキテクチャ
サイトテンプレート
リストテンプレート
Webパーツ
アクセス権限
SharePoint用語集


SharePoint構築Tips
リスト名(URL)
ライブラリ名(URL)
フィールド名(内部名)
ビュー名(ファイル名)
リストテンプレート
(ワークフロー削除)

大きなリストの問題
アイテム一覧の列幅
機能とWebパーツ
フィールドデータ型
禁則文字
隠しリスト表示
管理パス
サイト内の列
サポート期限
PDFをブラウザで開く
URLエンコード・デコード
日時の絶対値表示
エクスプローラーで開く
パブリック・個人用ビュー
ひと目でわかるOffice 365ビジネス活用28の事例 SharePoint Server 2016対応版 (マイクロソフト関連書)

SharePoint開発Tips
開発の概要
開発者ダッシュボード
MSDN URL
RESTインターフェイス
ページパラメータ IsDlg
ビジュアルアップグレード
機能(Feature)
2010開発者向けの資格
2013開発者向けの資格
ページパラメータ contents
リソースファイル
リスト/ライブラリGUID
テーマ
トレースログ
PowerShell文字コード
SharePoint Framework
ひと目でわかるOffice 365サイトカスタマイズ&開発編 SharePoint Server 2016対応版

SharePoint情報サイト
Tech community(SharePoint)
SharePoint Developer Center
Support Team Blog
SharePoint Developer
SharePoint Technical Note
ILLUMINATE JAPAN Blog
Office365うるのさん奮闘ブログ
AvePoint Japan Community
idea.toString();
SharePoint Issue
Office365/SharePoint
からめもぶろぐ。
Office 365 & PowerX
徒然 Office 365 WebLog
SPeed LAND 365
Art-Break:Tech
ひと目でわかる SharePoint Server 2016



ひと目でわかるPowerAppsノンコーディングでのビジネスアプリ作成入門 (マイクロソフト関連書)


   風水吉凶方位 |  奇門遁甲 |  金運神社 |  金運本 |  水族館 |  仏像 |  論語 |  般若心経 |  庭園 |  二十四節気 |  菜根譚 | 
   SharePoint活用 |  OneNote活用 |  サーバー監視 |  イベントログ |  IT資産管理 |  技術TIPS